So-net無料ブログ作成
検索選択

「りえママ」と呼ばれていた宮沢りえの母、光子さん死去。 [エンタメ]


「りえママ」と呼ばれていた宮沢りえの母、光子さん死去。


ダウンロード.jpg


25日、『俳優の宮沢りえの母であり、所属事務所の代表取締役を務める宮沢光子さんが23日に死去した。』ということを事務所が発表した。


「りえママ」という呼び名や、「ステージママ」として知られた光子さん。
肝腫瘍の診断を受けていて、自宅で療養を続けていたが、23日に死去。享年65歳だった。


●光子さんと宮沢りえ

光子さんは、留学を目的で乗った船にて、船乗りだったオランダ人と知り合い結婚し、73年にりえが誕生した。しかしりえが生後4ヶ月ほどの時に破局し、りえは母の姉夫婦にあずけられた。

その後、りえが小学4年生になった頃に、光子さんとアパートで同居するようになった。
その頃の光子さんは、保険の外交員や居酒屋勤めをしていた。

りえは小5でモデルを始め、14歳になる頃には「三井のリハウス」のCMに出演し、一躍スターになった。
その後は「一卵性母娘」と言われるほどの濃密な関係性で、芸能界を生き抜いてきた。


母の死を受けて、宮沢りえは24日の夜に、思いを書面につづった。

「最期に、生きるということの美しさと、凄まじさと、その価値を教えてもらいました。そういった全ての宝物を胸に、私は、役者として、母として、女として、惜しみなく生きようと思います。」




タグ:死去 俳優
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。