So-net無料ブログ作成
検索選択

消滅寸前。干上がっていく、元世界4位の広さの湖「アラル海」 [海外]


消滅寸前。干上がっていく、元世界4位の広さの湖「アラル海」


08kunimasu.jpg


中央アジアにある湖、「アラル海」。その湖の縮小規模を示す衛星画像(2000年~2014年の間に撮影されたもの)をNASA[アメリカ航空宇宙局]が公開し、ほぼ消滅状態にあると発表した。


●アラル海

かつては世界第4位の面積を誇っていた、カザフスタンとウズベキスタンにまたがる湖。

アムダリヤ川とシルダリヤ川の2つが注ぎ込み、雪解け水や雨水が流れ込んでいたが、1960年代に、旧ソ連がその2つの川の流れを農業用水の確保のために変更したことなどによって、年々小さくなっていった。



2005年~2009年にかけて大幅に水量を減らしていき、その後数年にわたり一進一退を繰り返していた。
しかし、2014年の干ばつによって湖の南西部が完全に干上がってしまった。


湖が干上がったことで、次のようなことが起こり、深刻な問題となっている。

・漁業に依存していた地元の経済が崩壊した。
・湖の底から吹きあがる砂や埃に含まれる農薬によって周辺住民に健康被害をもたらした。


かつて世界で4番目に大きかった湖は、14年に渡る縮小によって、有害な砂をまき散らす広大な砂漠と化してしまったのだ。




タグ:環境
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。