So-net無料ブログ作成

[台風18号]強い勢力で6日に近畿~東日本太平洋側に上陸のおそれ [地域]


[台風18号]強い勢力で6日に近畿~東日本太平洋側に上陸のおそれ


310261-AUT-018.jpg


非常に強い大型の台風18号の接近に伴って、明日6日にかけて、西日本~東北の太平洋側では風が急激に強まる見込みで、暴風・高波に厳重な警戒が必要になる。さらに、明日にかけて西日本・東日本は大雨となる見込み。


台風18号は、5日午前6時に奄美大島の東の海上を、1時間に15キロほどの速さで北北西に進んでいる。台風中心付近の最大瞬間風速は60メートルで、奄美地方に最も接近しているとみられる。


今後、進路を大きく東寄りに変えて、速度を速めながら明日6日の朝から昼頃にかけて強い勢力を保って、近畿から関東の太平洋側にかなり接近し、上陸のおそれもある。


●暴風・高波・高潮

奄美地方の一部が台風の暴風域に入っているのだが、今後は一気に速度を上げ、勢力を維持したまま本州付近に接近するので、急激に風が強まると予想され、西日本・東北では広範囲で暴風域に入るおそれがある。

また、沖縄・奄美や西日本の太平洋側では5日は猛烈なしけとなり、東海地方も大しけとなる見込み。明日からは潮位の高い期間となるので、台風が接近する東日本の太平洋側を中心に高潮に警戒が必要。


●大雨

台風の北上に伴って、本州付近では前線の活動が活発となるため、きょうから既に大雨となる見込みで、台風接近時には局地的に1時間に80ミリ~100ミリの猛烈な雨が降る大雨となる見込み。

土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに厳重な警戒が必要となる。

5日午前6時~6日午前6時までの24時間に降る予想される雨量は、いずれも多いところで、
  東海地方:500ミリ
  四国地方、近畿地方:400ミリ
  九州南部:250ミリ
  中国地方、関東甲信地方、北陸地方:150ミリ
  奄美地方、伊豆諸島:100ミリ

さらにそれから、7日午前6時までの24時間に降る予想される雨量は、いずれも多いところで、
  東海地方、関東甲信地方:200から300ミリ
  中国地方:100から200ミリ
  近畿地方、伊豆諸島、北陸地方:100から150ミリ
  東北地方:50ミリから100ミリ

となる。



タグ:環境
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。