So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

ビッグダディの自宅全焼。原因は壁の中の電線の破損で、事件性なし [エンタメ]


ビッグダディの自宅全焼。原因は壁の中の電線の破損で、事件性なし。


main (1).jpg


5日の朝、岩手・盛岡市内にある林下清志(49)の自宅が全焼した。
林下清志は、テレビ朝日系の特番「痛快! ビッグダディ」などで人気となったタレント。


岩手県警盛岡西署などによると、JR盛岡駅付近のビッグダディの自宅兼整骨院から5日午前5時40分ごろに出火したとのこと。


当時自宅には、2階で林下と同居している息子2人と、たまたま自宅を訪問して泊まっていた30代男性の計4人が寝ていた。
5時45分ごろに男性が火災に気付き、119番通報。全員逃げ、無事だった。


林下と男性が立ち会って行われた実況見分では、1階の台所付近が激しく燃えていることが明らかになり、現場付近の電話線が焼かれ、一時固定電話が使用できないという事態になったのだとか。
隣のアパートに住む女性は当時の状況について、「朝起きたら、窓の外が真っ赤になっていた」と生々しく振り返った。


現場検証を行った結果、火災について「壁の中の電線の破損が原因ではないかという、各関係機関の一致した見解を頂きました」と説明され、盛岡西署は事件性はないと見ており、事故として処理する方針。


近所の住民の消火活動によって延焼を免れたこともあり、「心から感謝しております」と気持ちを表した。


午後1時30分ごろ、財布や携帯電話を失った林下の代わりに長男がブログを更新し、「皆さまには多大な迷惑をお掛けしてしまいました、誠に申し訳ない」と謝罪した。


タグ:芸能人

[台風18号]強い勢力で6日に近畿~東日本太平洋側に上陸のおそれ [地域]


[台風18号]強い勢力で6日に近畿~東日本太平洋側に上陸のおそれ


310261-AUT-018.jpg


非常に強い大型の台風18号の接近に伴って、明日6日にかけて、西日本~東北の太平洋側では風が急激に強まる見込みで、暴風・高波に厳重な警戒が必要になる。さらに、明日にかけて西日本・東日本は大雨となる見込み。


台風18号は、5日午前6時に奄美大島の東の海上を、1時間に15キロほどの速さで北北西に進んでいる。台風中心付近の最大瞬間風速は60メートルで、奄美地方に最も接近しているとみられる。


今後、進路を大きく東寄りに変えて、速度を速めながら明日6日の朝から昼頃にかけて強い勢力を保って、近畿から関東の太平洋側にかなり接近し、上陸のおそれもある。


●暴風・高波・高潮

奄美地方の一部が台風の暴風域に入っているのだが、今後は一気に速度を上げ、勢力を維持したまま本州付近に接近するので、急激に風が強まると予想され、西日本・東北では広範囲で暴風域に入るおそれがある。

また、沖縄・奄美や西日本の太平洋側では5日は猛烈なしけとなり、東海地方も大しけとなる見込み。明日からは潮位の高い期間となるので、台風が接近する東日本の太平洋側を中心に高潮に警戒が必要。


●大雨

台風の北上に伴って、本州付近では前線の活動が活発となるため、きょうから既に大雨となる見込みで、台風接近時には局地的に1時間に80ミリ~100ミリの猛烈な雨が降る大雨となる見込み。

土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに厳重な警戒が必要となる。

5日午前6時~6日午前6時までの24時間に降る予想される雨量は、いずれも多いところで、
  東海地方:500ミリ
  四国地方、近畿地方:400ミリ
  九州南部:250ミリ
  中国地方、関東甲信地方、北陸地方:150ミリ
  奄美地方、伊豆諸島:100ミリ

さらにそれから、7日午前6時までの24時間に降る予想される雨量は、いずれも多いところで、
  東海地方、関東甲信地方:200から300ミリ
  中国地方:100から200ミリ
  近畿地方、伊豆諸島、北陸地方:100から150ミリ
  東北地方:50ミリから100ミリ

となる。

タグ:環境

エド・はるみが、一連の誹謗中傷行為に対して法的手続きをとる [エンタメ]


エド・はるみが、一連の誹謗中傷行為に対して法的手続きをとる


img_0.jpg


タレントのエド・はるみ(50)が、インターネット上で繰り返し掲載され続けているとおいう誹謗中傷行為に対して、法的手続きをとることがわかった。


9月30日、弁護士法人港国際法律事務所が「エド・はるみ氏への誹謗中傷行為に対する法的手続対応のお知らせ」を公式サイト上で発表をした。


エド・はるみは、9月30日放送の日本テレビ系「解決!ナイナイアンサー」にて、ネット上で執拗なバッシング行為を受けたことがきっかけで仕事が激減したと告白。2009年以降、5年間にわたり、このバッシング行為は続いているという。


弁護士法人港国際法律事務所によると、一部週刊誌ではエドのテレビ出演が減った理由として、先輩である芸能人や共演者に対して、あたかも、エドが自身の立場をわきまえず、横柄な態度を取り続けたことが原因であるかのように記載されているとのこと。


この記事に端を発してネット上でエドへの執拗な誹謗中傷が繰り返されるようになったとしている。


問題の発端となった週刊誌やインターネット上の記事や投稿について、

「何らの具体的な根拠に基づくものではなく、当職員らが同氏及び株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシーに対し、事実関係の確認を行ったところでは、上記記事や投稿内容が真実であると認められる事実は一切存在しておりませんでした」

とのこと。


この誹謗中傷行為により、タレントとしての活動に重大な支障をエドに生じさせ、耐えがたい精神的苦痛を与え続けているとして、エドの名誉権やプライバシーなどを侵害する行為に対して、法的措置を講じることとなっている。


タグ:お笑い芸人

消滅寸前。干上がっていく、元世界4位の広さの湖「アラル海」 [海外]


消滅寸前。干上がっていく、元世界4位の広さの湖「アラル海」


08kunimasu.jpg


中央アジアにある湖、「アラル海」。その湖の縮小規模を示す衛星画像(2000年~2014年の間に撮影されたもの)をNASA[アメリカ航空宇宙局]が公開し、ほぼ消滅状態にあると発表した。


●アラル海

かつては世界第4位の面積を誇っていた、カザフスタンとウズベキスタンにまたがる湖。

アムダリヤ川とシルダリヤ川の2つが注ぎ込み、雪解け水や雨水が流れ込んでいたが、1960年代に、旧ソ連がその2つの川の流れを農業用水の確保のために変更したことなどによって、年々小さくなっていった。



2005年~2009年にかけて大幅に水量を減らしていき、その後数年にわたり一進一退を繰り返していた。
しかし、2014年の干ばつによって湖の南西部が完全に干上がってしまった。


湖が干上がったことで、次のようなことが起こり、深刻な問題となっている。

・漁業に依存していた地元の経済が崩壊した。
・湖の底から吹きあがる砂や埃に含まれる農薬によって周辺住民に健康被害をもたらした。


かつて世界で4番目に大きかった湖は、14年に渡る縮小によって、有害な砂をまき散らす広大な砂漠と化してしまったのだ。


タグ:環境

狩野英孝、離婚!2年半で終わった結婚生活。原因は不倫騒動か? [エンタメ]


狩野英孝、離婚!2年半で終わった結婚生活。原因は不倫騒動か?


1e19bb9227c39440e4c8c712466bce40.jpg


1日、お笑い芸人の狩野英考が自身のブログにて、「離婚した」と発表した。
離婚届は発表の前日、9月30日に提出されたようす。


狩野は、2011年10月にテレビ番組の中で大々的にプロポーズをし、自身の誕生日である2012年2月22日に一般女性と結婚した。


しかし、入籍から6日経った時に合コンで知り合った女性との不倫が発覚する。
事務所の社長が謝罪コメントを発表するほどの騒動となった。


狩野はブログにて
「1日でも早く妻の信用を取り戻すために自分の行動に責任を持ち、改めていきます」
と謝罪し、今まで夫婦関係を継続していた。


その夫婦関係ももう終わってしまったのだ。


離婚について狩野は

「今回、私の未熟故に軽率な行動や言動が妻に大変苦労かけさせてしまいました。」

と説明していて、やはり不倫騒動が影響しているとみられます。


しかし、

「今後は別々な人生を歩んで行きますが、妻から『一緒にいた時間は無駄では無かったよ。お互い頑張ろう』と、前向きな言葉を頂きました。」

ということも書かれていて、円満離婚であるようす。


約2年半の結婚生活に終止符を打った狩野ですが、現在の思いについて

「妻の言葉を胸に感謝の気持ちを忘れず、今の仕事に力を入れると共に、今年の夏に授かった神職の資格も活かし、日々精進していきます」

と語っています。

前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。